;

掲示板

2年・「見て感じて理解する日本の建築」-美術館・博物館をめぐってー

平成30年11月15日(木)に標記の題に関して、ものつくり大学准教授 岡田 公彦 先生による授業がありました。現在は愛知県明治村に移築され現存する、旧帝国ホテル本館の設計者として知られているフランク・ロイド・ライト氏の設計についてスライドを使用して説明を受けました。平等院鳳凰堂の建物の様子が設計に活かされているとのことです。自由学園の明日館も同じライト氏の設計だということでした。また、世界で活躍する建築家も多く、ルーブル美術館新館をSANAA氏、フランス ポンピドゥセンターは坂茂氏等が存在する。さらに、自然と建築の関係では千利休の「待庵」があげられ、飛び石伝いに奥へ入るにしたがって茶の道に気持ちを向かわせること、そして茶室の入口は人が入れる最小限の大きさであり、その大きさは約60cmとのこと。茶室に入ると客の地位とか職業に関係の無い対等の関係を構成。人間の寸法から来た最小限の大きさとのこと。障子に樹の影が写ると雰囲気が劇的に変わり、自然を印象強く感じさせる空間になるとのこと。このほか京都の桂離宮も例としてあげられました。これらの思想は、西沢立衛設計の香川県・豊島美術館、長野県軽井沢千住博美術館などに活かされている。また、災害に強い建築として東京都 三菱1号館美術館、ジョサイア・コンドル設計の東京都旧岩崎邸 片山東熊設計の迎賓館赤坂離宮、滋賀県佐川美術館・竹中工務店設計等があり、さらに三重県の伊勢神宮の20年毎に式年遷宮のあることなどが例として示されました。

11.15迎賓館赤坂離宮を説明する岡田公彦氏日本の建築-縮小14%(2)

迎賓館赤坂離宮を説明する岡田公彦先生と熱心に学習する2年生

11.15准教授、岡田公彦氏、理解する日本の建築-縮小14%(2)

講義中の岡田公彦 先生

伊勢神宮(式年遷宮)-縮小14%(3)

式年遷宮後の伊勢神宮

2018年11月23日 金曜日 at 5:24 pm| Posted by kouhou-taguchi

2年郷土の歴史・「旧成田領に残る歴史遺産」見学

11月5日(月)に「旧成田領に残る歴史遺産」見学として、ものつくり大学の横山晋一教授指導の下、世良田東照宮をはじめとして現地に行って来ました。現在群馬県太田市にある世良田東照宮は、元和3年(1617)2代将軍徳川秀忠の命により、日光の地に将軍家の拝礼する建物として二条城などの築城に携わった名工「中井大和守正清」によって東照宮が造営され、さらに寛永21年に3代将軍徳川家光公の命により日光東照宮から徳川氏の先祖の地ということから、日光東照宮の奥宮を移築し、家康公をお祀りしました。その際に家光公から神領200石が寄進され、以後幕府の手厚い保護を受け、徳川家代々拝礼されてきました。現在、世良田東照宮にある拝殿がその時の建物で重要文化財に指定されています。

世良田東照宮集合写真縮小16%(3)

奉納石灯籠縮小16%(1)

忍藩主から寄進された石灯篭

拝殿縮小16%(2)

家光公により日光東照宮から移築された拝殿

妻沼聖天山は斎藤別当実盛公が、当地の庄司として、祖先伝来の御本尊聖天様を治承3年(1179)にお祀りしたのに創まる。御本尊聖天さまは、正しくは大聖歓喜天(だいしょうかんぎてん)と呼ばれ、弘法大師が密教とともに仏法の守護神として請来されて、日本でも祀られ、福運厄除の神として信仰されている。

現在の妻沼聖天山本殿は平成24年に国宝に指定されました。埼玉県内では建造物としては第1号、県内の国宝としては5番目の指定です。指定の理由としては2つあります。①日光の流れをくみ100年後に更に進んだ技術が評価されました。②多くの国宝建造物が当時の権力者側によって作られたのに対し、当時の庶民の浄財によって、44年もかけて作られたことが稀有であること。現在も庶民の心の拠り所、祈りの場として信仰されています。

妻沼聖天山拝殿縮小16%(4)

拝殿の説明を受ける2年生

妻沼聖天山本殿拝殿縮小16%(5)

「阿うんの会」のガイドさんから色彩鮮やかな彫刻の説明を聞く市民大学生!

妻沼聖天山本殿外壁彫刻縮小16%(6)

奥殿の彫刻

藤原鎌足16代の子孫の判官常光公が長承元年武蔵の国司になり、この地に館を構えて中条の姓を用いた。その子有家の長男家長は文武両道に秀いで、鎌倉幕府の評定衆となり我が国最初の法律である貞永式目を定めた。建久3年2月祖父常光公の菩提を弔うためその館を寺として竜智山常光院と名付けた。以来25の末寺を有し天台宗の大寺として十万石の格式で待遇された。昭和26年3月埼玉県は往時の境内地1万8千余坪のうち現在の境内地全域3千4百坪を史跡として指定し、文化財として永く後世に伝えることにした。(上門前の碑文より)

常光院41代小久保彰田住職縮小16%(7)

天台宗別格本山 常光院 第41代住職 小久保 彰田 様より寺の説明を受ける

旧忍町信用組合店舗は、大正11年(1922)に建てられたものだが、歴史的価値が評価されて行田市指定文化財となった。以前は行田市行田地内に存在していたが、平成30年3月に水城公園内に移築され、市内外から見学者を迎えている。

忍町信用金庫縮小16%(9)

水城公園に移築整備された旧忍町信用組合店舗

忍町信用金庫と横山晋一教授縮小16%(8)

横山晋一教授から建築史上の歴史的価値について等の説明を受ける

2018年11月23日 金曜日 at 4:00 pm| Posted by kouhou-taguchi

1学年 第15回講座 第2回視察ツアー 歴史・文化C

2018年11月15日(木)

第15回講座 行田市内において、講師:ナチュラリスト・ネットワーク 島田 勉 先生による 行田再発見!?自然観察会を

ユーモアを交えながら講義を受講いたしました。

行程は次の通りです。

1.前玉神社

2.埼玉古墳公園

3.旧忍川 共栄橋~新橋

4.行田浄水場

5.古代蓮の里公園    昼食

6.利根大関

7.福川・中条堤

8.星川 馬見塚キタミソウ

前玉神社の前

前玉

前玉神社公園

前玉神社2

キタミソウ自生地

キタミソウ

 

キタミソウ

 

キタミソウ2

この上星川には、氷河期の遺存植物である、全国的にも貴重な、キタミソウ(花は2ミリから2.5ミリ)

という草が生息しています。環境省の絶滅危惧種に指定されています。

写真は、ほんの一部です、第2回視察ツアー 行田再発見⁉ 自然観察会が島田先生のご指導により、1日がユーモアを交えながらの

説明で大変楽しく過ごすことが出来ました。ありがとうと申し上げたいです。笑点で申すと座布団4枚あげたいと思います。

これで、お四枚です。

 

 

 

 

2018年11月16日 金曜日 at 3:07 pm| Posted by 4rekishi-c-honma

自然の大切さ

image

11月8日埼玉県生態系保護協会の堂本先生による、自然の大切さをみんなでまなびました。

2018年11月9日 金曜日 at 9:39 am| Posted by 3rekishi-b-suzuki

北武蔵の逸話伝承を追って

IMG_2375 - コピー
9期生歴史文化A班の研究活動として、行田から羽生にかけての逸話、伝承を調べ現地の神社や史跡を訪ねて歩きました。「忍の行田の昔話」に出てくる逸話が中心です。薬師堂
真名板高山古墳にある薬師堂では手無し薬師の逸話が残っており、「鞴(ふいご)の嫌いな薬師様」の理由が記されています。江戸時代、金剛仏であることからとても重かった薬師様は金が入っているので重いと思われていました。盗みに入った泥棒は古物商に売り飛ばし、手の無い薬師様は鋳物師によって鞴にかけられました・・・
IMG_2389
羽生市下川崎の田中神社です。流れ着いた白幣を水野某が拾い上げ、祀ったのが始まりと伝えられています。忍領と羽入領が戦った歴史から、「十日夜、忍のてっぽうに負けるなよ」と子供が唄いながら藁でっぽうを打ったと伝わります。
熊野神社
須加の熊野神社です。かつて妻沼の聖天様はこの地にあり、縁結びの御利益から参拝が増え、熊野神社が廃れてしまうのを恐れた氏子が松の葉を炊いていぶりだしたといわれています。通りから入る長い参道には今でも立派な松並木が見られました。
IMG_2397
子安神社
そのほかにも下池守の子安神社の観音様の逸話や羽生市須影の八幡神社の伝承を現地で読みながら参拝しました。
史実に基づくものもあれば、後年の作り話のようなものなど様々ですが、逸話伝承が伝えようとしたものを考えながら秋の北武蔵をメンバーの皆さんと考えながら楽しく旅することができました。

2018年11月8日 木曜日 at 8:56 pm| Posted by gyoda-aoki

忍の行田の「昔ばなし」

語り部

忍の行田の「昔ばなし」語り部の会出演者全員

語り部の会、7周年記念発表会が平成30年10月21日13時30分、行田市商工センター大ホールにて開演、観客席は満席で、行田ケーブルテレビも放映の為見えていました。11月19日19時より放映が決定。開会の言葉、語り部副会長、福島様から行田の町は文化遺産が多くの地域で残っていて次の世代に伝え残すこと、今は20人近くの語り部が育っているので毎年「語り部の会」が出来ることで行田の良い所を調べ知って頂くとことは素晴らしいと挨拶。来賓は副市長、川島様、公益財団法人忍郷友会会長松平様、行田市環境経済部長小巻様、3名の方々にも一言挨拶を頂きました。NPO法人東北アジア会理事長平井様、行田市民大学理事長今村様も来賓として出席して頂きました。

いよいよ開演です。

野原恵美子様  二の丸稲荷                                                              成田家十六代当主、成田長泰に妻子を殺され恨みを晴すべく牡狐は夜な夜な出て苦しめ、ある夜、弓の名人と、力持ちの侍と戦い・・・・・・長泰は無益な殺生は。 二の丸御殿の建物の規模は間口48間半、奥行き28間、総坪数6百8坪、畳の枚数7百55枚、部屋数72室、廊下8ヵ所、厠11ヵ所、土間8ヵ所、湯殿2ヵ所。御殿の周囲はL字状に長屋構造。

大沢勝次様    お城の大蛇                                                          「諏訪大明神」の主、6mを越える白蛇で、石田三成による、忍城水攻めの時主様(白蛇)が幾多の蛇を従へ堤に押し寄せ堤を破壊し・・・・・・・

安岡三智子様   沖の天神                                                           皿尾から星宮小学校へ行く道は「長大道」と言われ「長大道」に沿って池守に通じる「行田道」があり、その先に天神社があった。天神社は広い田圃の中の小島で「沖の天神」と呼ばれ、夜遅く一人で通ると坊主に・・・・・・・

土屋真理子様   菅谷の森と白い狐                                                      菅谷の八幡様の脇道は多くの人が狐に化かされたと、ある日足袋屋の番頭が秩父に大八車を引いて行き、帰りは遅くなり、川の中で・・・・・・・

鈴木幸江様    唐糸たもと石                                                        若小玉の地に、六郎と呼ばれた力持ちの怪童が住んでおった。十八歳の時に熊谷市久下から行田の若小玉まで大きな石を担ぎ運んだんだと。江戸では東西大相撲大会があり西方が数年優勝、東方は名誉にかけても勝ちたいと六郎に声がかかつたと・・・・・・・

関口 進様    春日さまの鹿                                                        春日神社は忍城主、成田親泰が氏神として大和国春日神社から勧請した神社。春日神社には縁の深い鹿に関する伝説を持つ、百姓が秋の実りを願い、あやまつて鹿を・・・・・・・

相原香保留様   おとか様                                                          昔、吹上の「袋」と言う土地に「谷」と呼ばれる場所があった。そこは狐の棲かで、百姓のお嫁さんが通りかかった時に、母狐が生まれたばかりの子狐に乳を与えていたと、家に帰った嫁さんは朝飯の残りに味噌汁をかけ母狐の前に供えたと、この年の稲作は不作の田圃が多い中嫁さんの田圃だけは豊作か・・・・・・・

新井まさ子様   諏訪明神の川えび                                                      忍城は沼城で多くの曲輪に囲まれ、その一つの諏訪曲輪の木を盗んでいく泥棒が横行、泥棒に不心得論とした、市川戸長には「諏訪明神様」が老人に姿を変え川海老をザルに入れ・・・・・・・

平井ユリ枝様   常鹿院都留姫様                                                       忍城主成田顕泰の一の姫「都留姫」に一目惚れした弥之助は身分の違いから、父母に殺害され、姫が後で知ることに、不憫に思い仏門の入り常鹿院を建立・・・・

奥山紘子様    荒木城と長善沼の龍                                                     豊臣秀吉の小田原攻めにより、荒木越前は成田氏長らと北条方の援軍に赴き戦死、豊臣軍が荒木城へ迫り奥方は大釣鐘に身をくくり長善沼の底深く沈み、・・・・松の木の下に弁才天と彫った石碑が残る・・・・・・・

菅谷光子様    小谷の善六                                                         吹上の小谷村に知恵遅れで貧乏な善六という男がいたと、正直者の善六は母が教えてくれた団子を作り「善六の団子ひと~つ一文」売り歩いたと、人を喜ばせる事を心がけて働いておったんじゃと・・・・・・・・

富田祐子様    おくりおとか                                                        埼玉に「留めさん」と言う建具屋がおった、行田町へ仕事で遅くなり暗い夜道を帰る途中、二子山の手前の田圃で後ろから何かが付いてくる気配・・・・・・・

滝沢布沙様    縁切橋と涙橋                                                        忍城主成田氏長が太田金山城主横瀬成繁の娘である妻と離縁になり別れの時氏長がこの曲輪まで見送り、この橋を隔てて妻と別れたことから「縁切橋」   「縁切橋」から甲斐姫を抱いてやむなく離縁した妻を見送った祭、妻はここにあった橋を渡る時に振り返り、視線の先に幼い娘をみとめ涙を流したこの橋「涙橋」と呼ばれるようになった。男女の縁を結ぶ者は、この二つの橋を渡るのを避ける慣わしがあったんだと・・・・・・・

佐藤泰司様    生入定                                                           吹上、北新宿に長谷川藤兵衛と言う人がおった。雪の降る寒い夜、一人の行者が鉢を両手で持ち倒れいたと。自分は持病持ちで命は長くないと、人々の健康を願い「入定仏」に成たいと・・・・・・・

上田久子様    笄堀                                                            石田三成総大将による忍城水攻め、成田氏長の軍勢二百五十騎、小田原表敬衛の為北条方へ、城方も頑張るも多勢に無勢、奥方は城を守る為婦女子を集め一夜にして堀を完成・・・・・・・

大島幸子様    利根川の大蛇                                                        須加村に一人の心の優しい若者がおったんじゃ、心の綺麗な独り身にしておくのは可哀想と思い一緒に暮らしたいと美しい人は言ったんじゃと、美しい人は「利根川に住む龍神の娘」若者の運命は・・・・・・・・

小堺百合子様   古代蓮物語                                                         行田蓮(古代蓮)は天然記念物に指定、原始的な形態を持ち1400年から3000年前の蓮と言われている。物語は大和朝廷の親衛隊長を代々継いだヲワケ、妹(紅津子)と都に上りワタケルに出会い、恋に落ち、楽しい日々を過ごし別れの祭に一株の蓮を贈られ池や沼一帯に咲くも紅津子の身体は窶れる一方、恋いに破れた紅津子は・・・・・・・

こくぼ

酔いどれうなぎを熱演する小久保亮子様

小久保亮子様    酔いどれうなぎ                                                      平左衛門は江戸見学を終え、忍城下へ水も旨いが米も旨い、いいお酒が出来ると早速新酒を造り、お世話になつた百姓達に新酒を振る舞う、平左衛門がうとうとしていると、うな玉姫が夢に出て酒をうなぎ達が飲み干したんだと、うなぎの運命は・・・・・・・

閉会の言葉平井ユリ枝様、此れからも忍の昔話を継続出来るよう精進、努力し、皆様のご支援、ご指導 を賜りたくお願い致します。

自分も残つている大切な者は、次の世代に受け継いで行くべき事と思います。

 

 

 

 

 

 

 

2018年11月3日 土曜日 at 5:51 pm| Posted by gyoda-uchida

第13回講座 <1・2年生合同>もの大学祭でフィーバー!!市民大学紹介コーナー

平成30年10月27日(土)及び28日(日) 午前10時~午後5時まで

第18回ものつくり大学「碧蓮祭(へきれんさい)」の開催期間中、

ものつくり大学キャンパス内 中央棟 2階 C2030教室に

「行田市民大学紹介コーナ」が開設されました。

この期間中には、第9期生(2学年)及び第10期生(1学年)の学生の皆さんが

〇 若いエネルギーの吸収

〇 ものつくり大学の理解

〇 行田市民大学のピーアール

を目的に参加しました。

2日間の参加総数は、72名で学生の8割を超える参加でした。

展示ブースには、グループ研究内容の展示や写真パネルなど

今後の講義や研究に役立つものが分かりやすく展示されていました。

また、第1期生から第10期生の集合写真の展示もあり、市民大学を

ピーアールするのに有効と思えました。

更に、行田検定試験や恐竜ティラノサウル、飛行機などのクラフト工作

も小さな子供達も含め一般来場者から人気でした。

行田市民大学の入学手続きを真剣に尋ねる人もいました。

2日間にわたり、展示ブースは賑やかでした。

投稿:第10期生(1学年)歴史・文化Aグループ

学園祭hp~1

ものつくり大学

学園祭hp~2

C2030教室の窓に「行田市民大学」、外からも見える

学園祭hp~3

学生の受付状況

学園祭hp~4

ブース内の様子

学園祭hp~5

グループ研究の紹介

学園祭hp~6

グループ研究製本資料

学生の集合写真

行田検定試験

平成31年度受講生募集

 

2018年11月1日 木曜日 at 9:27 am| Posted by 2rekishi-a-kurosawa