掲示板

北武蔵の逸話伝承を追って

IMG_2375 - コピー
9期生歴史文化A班の研究活動として、行田から羽生にかけての逸話、伝承を調べ現地の神社や史跡を訪ねて歩きました。「忍の行田の昔話」に出てくる逸話が中心です。薬師堂
真名板高山古墳にある薬師堂では手無し薬師の逸話が残っており、「鞴(ふいご)の嫌いな薬師様」の理由が記されています。江戸時代、金剛仏であることからとても重かった薬師様は金が入っているので重いと思われていました。盗みに入った泥棒は古物商に売り飛ばし、手の無い薬師様は鋳物師によって鞴にかけられました・・・
IMG_2389
羽生市下川崎の田中神社です。流れ着いた白幣を水野某が拾い上げ、祀ったのが始まりと伝えられています。忍領と羽入領が戦った歴史から、「十日夜、忍のてっぽうに負けるなよ」と子供が唄いながら藁でっぽうを打ったと伝わります。
熊野神社
須加の熊野神社です。かつて妻沼の聖天様はこの地にあり、縁結びの御利益から参拝が増え、熊野神社が廃れてしまうのを恐れた氏子が松の葉を炊いていぶりだしたといわれています。通りから入る長い参道には今でも立派な松並木が見られました。
IMG_2397
子安神社
そのほかにも下池守の子安神社の観音様の逸話や羽生市須影の八幡神社の伝承を現地で読みながら参拝しました。
史実に基づくものもあれば、後年の作り話のようなものなど様々ですが、逸話伝承が伝えようとしたものを考えながら秋の北武蔵をメンバーの皆さんと考えながら楽しく旅することができました。

2018年11月8日 木曜日 at 8:56 pm| Posted by gyoda-aoki