掲示板

みちのく白河研修紀行 2019.06.13

 

市民大学第10期生2学年「みちのく白河」研修紀行   

当日は打ち続く梅雨空を吹き払い、1週間ぶりの晴天となれり。これぞ10期生の日ごろの品行方正の賜物かな!
はたまた晴れ男・晴れ女の真骨頂の現れなりしか.当日の集合時間午前7時45分・出発時間午前8時なりしが、既に全員が集合時間には揃いけり これは2学年43名の平均年齢が相当のハイレベルであることから、日ごろの早起きが癖となっているせいかと思われん。さても出発時間を15分繰り上げての出発の運びとなれりまずは白河の名城「小峰城」跡を訪れここで、地元「白河ツーリーズガイド」の北住様・田村様と合流し、午後4時頃まで白河のすばらしい名所のご案内をただきました。感謝・感謝晴天に輝く端正な小峰城「三重櫓」の佇まいを御覧じあれ!小峰城1

なお、忍城は「御三階櫓」と申せしが、その違いは何処にかあらん。因みに、上越市の高田城も「三重櫓」と称せし。

はたまた、「天守」ではなく「櫓」と称するは如何。石垣については、かの東日本大震災の際、10か所の石垣が崩落したとのこと、現在は古の石垣に復せんとした大工事も終たとのこと見事な石垣の様を望見したり。また、小峰城歴史館においては、お城好き落語家「春風亭昇太」師匠のナレーションによる270度3面シアター映像によるバーチャルリアリスト体験したり。次に訪れしは、国指定史跡にして、名君であり

茶人であった白河藩主松平定信候(楽翁と称す)により、享和元年(1802年)に築造された日本最古の公園「名勝南湖公園」を訪れり。南湖公園1

南湖の由来を尋ねれば、かの中国唐の詩人「李白」の詩句「南湖秋水夜無煙」(なんこしゅうすいよるけむりなし)と小峰城の南に位置せしことからの名称とか。 那須連山を借景とした名園なりsanngyou長妻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年6月16日 日曜日 at 5:51 pm| Posted by 6sangyo-hiraoka