;

掲示板

1学年授業「成田氏と忍城について」

令和元年6月20日(木)行田市郷土博物館長「鈴木紀三雄」氏による講義がありました。忍城の築城年は「成田記」による延徳2年(1490)の成田親泰築城説が有力だったが、文明11年(1479)には古河公方足利成氏が別府宗幸に宛てた書状で、この時代には忍城の存在が確認されており、また、文明12年太田道灌から高部民部少輔宛ての書状には、「(文明11月12月)忍城に不穏な動きがあると知らせが来たので、不慮の失態があっては難儀になると思い(太田道灌が)翌29日に陣を久下に進め、成田下総守に加勢したところ、忍城は無事であった。不審に思ったら事のついでに成田に尋ねてください。」と書かれており、忍城の存在が当文書でも確認されている。

忍城攻撃……天正18年(1590)6月初頭 豊臣軍は忍城への攻撃に「石田三成」に佐竹義宣・宇都宮国綱・多賀谷重経・結城晴朝をつけて2万余の軍勢で攻めさせた。

水攻めの経過

6月13日…石田三成から浅野長吉らに書状 「水攻めなので軍勢は城に攻め寄せない」「ただし(忍城から)兵を出しても、謝罪の申し出は聞き入れられないだろうから、まずは攻め入るべきであろうか御返事くださ

い。」

6月14日…鉢形城開城  浅野・真田軍→忍城へ

6月20日…秀吉、三成に忍城攻めの指示を出す。「水攻めの普請は油断なく……」

6月23日…八王子城落城

6月28日…秀吉、上杉軍に忍城に向かうよう指示を出す。 翌29日には指示を撤回し、上杉軍は相模の国に向かうよう指示。

7月 1日…浅野長吉、皿尾口を攻める。

7月 5日…北条氏降伏  忍城籠城軍、城から打って出て浅野軍に撃退される。

7月 6日…小田原開城  秀吉、上杉景勝・前田利長らに忍水攻めの堤の強化と秀吉自身が堤を検分することを伝える。

7月14日…忍城、豊臣軍に引き渡し。浅野長吉・木村常陸介ら忍城へ入城

7月16日…浅野長吉書状「忍城のことは一昨日城を受取りすべて片付きました」 成田氏長は蒲生氏郷お預け、城と領地を没収。

1、タイトル(成田氏と忍城)DSCN4548

成田氏長の花押

2,成田氏長感状DSCN4551

4,鈴木氏の授業顔DSCN4560

成田氏の盛衰や忍城の歴史を熱心に語る鈴木紀三雄先生

6,石田堤推定図(頭部なし)DSCN4562

現在も行田市で実際を見ることが出来る、築かれた当時の石田堤推定図

 

 

2019年6月26日 水曜日 at 11:29 pm| Posted by kouhou-taguchi