掲示板

1学年(11期生)第10回「忍城主はなぜ江戸幕府に重用されたか」受講報告

11期生、第10回講義について、下記の通りその概要を報告します。

 

                     忍城主はなぜ江戸幕府に重用されたか

~「老中の城」の成立と変貌~

 

日時:令和元年9月26日(木)13:30~15:20

講師:行田市郷土博物館   鈴木館長

 

16世紀末から19世紀前半までの忍藩に関する歴史を概観し、忍城、忍藩主の位置付けや「老中の城」の成立と変貌について、

簡潔に解りやすくご説明戴きました。

 

概要

1.家康の忍城重視に始まり、幕僚時代の農村政策が忍藩の基盤となった。

2.政治的には、松平信綱・阿部忠秋ら重要幕閣が忍城主に就任したことにより,「老中の城」として位置付けられる。

3.  阿部家は代々老中就任者を輩出したことにより、幕府を支える武蔵国譜代藩としての役割を保ち続ける。

4.松平下総守家の藩主就任により「老中の城」としての役割が終焉する。

 

 

2019年9月30日 月曜日 at 1:14 pm| Posted by gyoda-hoshino