;

活動写真(講義風景)

「獅子舞のルーツを探る」

19.09.26 10:00から2学年のカリキュラムで第8期歴史・文化Cのグループのリーダー水出みよ子さんより「獅子舞のルーツを探る」と題して講演がありました。

第一部では行田の三匹獅子舞で、これは水出さんたちが1学年(17.02.23)で発表された内容で、行田の獅子舞は毎年、下中条、在家、馬見塚、長野、、若小玉、野で開催されているそうです。中でも神仏集合(神社の中にお寺がある)や角(つの)で獅子舞の動物が判るというお話は興味深いものでした。

獅子舞のルーツ1

 

第二部では獅子舞のルーツを探るで、2学年(18.02.22)の時に発表された内容で、そもそも獅子舞は古代オリエントが発祥の地で、日本へは仏教と共に朝鮮半島から伝来したということです。野地区の獅子舞は中央部系統で他の地区は北部系統で若干異なるそうです。

最後に大胆な考察を行っていました。

獅子舞のルーツ2

講演の最後に同じメンバーの佐藤さんが、とても出来ないと思っていた発表が、メンバーのチームワークで出来たことは最大の財産だったと「産みの苦しみ」を話されていました。

講演を聞き、これだけの内容を良く調査したということと、良く15分の発表に纏められたものだという驚きがありました。来年2月の発表のいい刺激になりました。

2019年9月26日 木曜日 at 8:24 pm| Posted by 6sangyo-hiraoka